ADEM on github

For my first Ruby project, I reimplemented ADEM from scratch. ADEM is tool for automatically installing applications on the Open Science Grid via pacman. Here is a glimpse of the interface.


ADEM is a tool for deploying and managing software on the Open Science Grid.

  Usage:
    adem command [options]

  Examples:
    adem config --display
    adem sites --update
    adem app --avail

  Further help:
    adem config -h/--help        Configure ADEM
    adem sites -h/--help         Manipulate the site list
    adem app -h/--help           Application installation
    adem help                    This help message

The original subversion repository is found in https://svn.ci.uchicago.edu/svn/vdl2/SwiftApps/adem-osg. A Github repository is also mirrored in git://github.com/aespinosa/adem.git

Happy grid computing!

0 Responses to “ADEM on github”



  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中





%d人のブロガーが「いいね」をつけました。