The future of public health: grid gains traction

From iSGTW Feature – The future of public health: grid gains traction.

Feature – The future of public health: The grid gains traction

Dr. Ida A. Bengston (1881-1952) was one of the first women employed on the scientific staff of the Hygienic Laboratory of the Public Health Service, the predecessor to the National Institutes of Health. Bengston was particularly noted for her studies of bacterial toxins.

What are the infrastructure challenges of public health informatics that requires leveraging the grid?  Of course Doc Eloy Marcelo has his CHITS and also there is the OpenMRS project.  Perhaps this is an *integration* of existing systems? It would be interesting to see a web service interfacing CHITS and OpenMRS.

0 Responses to “The future of public health: grid gains traction”



  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中





%d人のブロガーが「いいね」をつけました。